大浦工測株式会社

大浦工測株式会社の画像
ドローン飛行は専任スタッフが一貫して対応する測量に特化した会社

ワンストップ対応
飛行計画から成果編集まで

認定スタッフ在籍
メーカー認定スタッフ対応

短時間で測量可能
短時間で広範囲を精度よく

さまざまな測量
測量や計測の幅広い業務

東京に本社を構え全国4拠点を置く大浦工測株式会社は「正しく『測る』を通して社会に貢献」を使命のもと、クライアントや従業員満足度を高めることに力を入れる会社です。測量・計測に特化しており、今まで継承された技術と最新の機材を取り入れることで、正確で効率のよいデータ収集を可能にしています。

今回は、そんな大浦工測の特徴と魅力を詳しくご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

安心安全に暮らせる町づくりに必須な測量業をおこなう大浦工測株式会社

大浦工測株式会社の画像2

1965年に創業された大浦工測は、工事測量・一般測量・応用測量・監督派遣・3D計測を行う測量に特化した会社です。本社を東京におき、支社と営業所を全国各地に構えています。福岡県を管轄しているのは福岡市博多に拠点を置く九州支店です。

建設系事業では、新築建設における現況測量や監督補助、UAV(ドローン)測量など行い、スムーズな施工のお手伝いをしています。また、リニューアル工事の際はCAD図作成や埋設物探査など、安心安全に遂行できるよう調査・提案を行っています。

土木系事業では、道路・トンネル・駅舎・地形などの現状計測のデータ化、処分場の経年変化計測、土壌汚染調査位置出しなどを実施。安心安全に暮らせる町づくりに欠かせない業務を請け負っています。とにかく、安心安全に重きを置いていることがわかりますよね。

空撮は安心の専任スタッフ一貫体制

国土交通省が推進している建設システムの生産性向上のための「i-Construction」政策を大浦工測でも導入しています。現在はUAV(ドローン)による空撮で得た連続写真から、3次元モデルを作成するなどしています。

また、1度の撮影でICT活用や土量計算などを実施し、データで一括管理することで業務の効率化を図っています。そしてなんといっても、大浦工測のUAV(ドローン)測量では、メーカー専任のスタッフが「飛行計画」「撮影飛行」「成果編集作業」まで一貫して行っているのが特徴です。

情報の漏れや伝達ミスなどもないので、安心して任せられる環境が整っています。ほかの会社に申し込む必要がないのも一貫体制のよい点ですね。

ドローン測量への入念な準備をおこなう大浦工測株式会社

大浦工測株式会社の画像3

大浦工測では、クライアントとの打ち合わせ時に得た資料をもとに、計測範囲・飛行ルート・標定点・離発着位置を決定します。また、ドローンと対象物との距離から実際とのズレを計算し、充分な写真枚数が確保できるように専用ソフトで設定を行います。

測量当日は、標定点を設置してGNSSまたは光波による座標点観測を行い、ドローン計測の準備が完了です。この標定点をドローン計測で写すことで、縮尺の設定や3次元データを施工図面に簡単に反映できます。

ドローンの飛行前はオペレーターが風速や機体の入念なチェックと飛行ルートの最終確認を行います。飛び立ったドローンによる30〜80m上空で行われる空撮は、なんと自動操縦によって開始されます。

空撮した連続写真を持ち帰り、点群データにすることで詳しい解析が可能です。ドローン測量の詳細をここまで明確に掲載してくれているので、当日も不安なく過ごせることでしょう。よって「はじめてのドローン測量」という方も安心して任せられるようになっています。

大浦工測株式会社は利用者のニーズに合わせて対応をおこなう

大浦工測株式会社の画像4

大浦工測ではUAV(ドローン)測量のほかにもGNSS(GPS)測量や3Dレーザースキャナー計測も行っています。GNSS測量は宇宙からの位置システムを用いて、簡単に速くて確実な座標を求められ、都心部での高層化にともなう伝搬障害をなくすための調査などが行えます。

また、GPSでの観測点を軌跡としてPDAに落とし込み、CADデータとして保存できる仕組みを、大浦工測は他社と共同開発しています。GPS測量を行うことで、CAD図の作成の効率化を図っているのです。

なお、3Dレーザースキャナー計測では、計測対象物をスキャンすることで素早く3次元のデジタルデータとして保存できます。こちらもCADソフトの活用で多くの情報処理を可能としています。

どんなに複雑な構造や形状も短時間で計測可能になったことで、多くの分野で活用されている最新の技術です。大浦工測では、これらの技術を組み合わせることで、さまざまなニーズに応えています。

おもな業務実績

実際に大浦工測では、ソーラーシステム設置計画用地形計測やソーラーシステム設置用地形計測などは「UAV(ドローン)測量」「GNSS(GPS)測量」「3Dレーザースキャナー計測」の3つを用いています。1つの技術では応えられないことも2つ3つの技術で補うことで、可能にしています。

ほかにも「工事測量」「一般測量」「精密計測」など、さまざまな測量・計測の技術を持ち合わせているため、都内でも有名なスポットやオフィスビルの一般測量・工事測量を担当するなど、実績は豊富です。測量・計測の専門家の大浦工測だからこそ「ドローンの空撮データだけで事足りるのかわからない」という方に対しても、問い合わせ・打ち合わせ時にベストな提案をしてくれます。

まずはカタログをダウンロードしてみよう!

大浦工測株式会社は本社を東京に、そして4拠点あるうちの九州支店を福岡市博多に構えています。創業55年以上の経験と知識、技術を生かして処分場の経年変化計測から3Dレーザースキャナーでのデータ化技術などで映画製作に関わるなど、幅広い分野で活躍を見せています。

また大浦工測では、生産性向上のためのUAV(ドローン)測量も取り入れています。空撮で得た連続写真を組み合わせることで3Dデータを作成し、迅速かつ安全にデータ収集を行います。

メーカー専任のスタッフが一貫して進めてくれるので安心です。測量・計測に特化した大浦工測でドローン測量を!と考えている方は、まずカタログをダウンロードしてみましょう。

大浦工測の公式サイトには「お客様サポート」に「カタログダウンロード」が用意されています。気になるカタログをクリックし、PDFファイルをダウンロードしましょう。

利用しているパソコンからお手軽に見られるので、好きな時間に見てみてください。もし気になるのであれば、電話かメールでお問い合わせに進みましょう!要望に沿った提案をしてくれるでしょう。

大浦工測株式会社の基本情報

測量方法

レーザー測量

実績

処分場、ソーラーシステム設置計画用地地形計測などの実績

会社情報

大浦工測株式会社
住所:福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-19 サンライフ第3ビル706
TEL:092-477-5037

営業時間

平日8:00~17:00

大浦工測の公式サイトを見てみる 【福岡県】おすすめのドローン(UAV)測量業者一覧はこちら
SEARCH

READ MORE

近年、活躍の場を広げているドローン測量ですが「標尺などの道具を使わずにどうやって後視点や目標点が分かるのか?」「基準点はどうしているのか?」など、不思議に思っている方も多いでしょう。ここでは

続きを読む

ドローン測量は劇的な業務効率化と人件費削減につながることから、導入が急速に拡大しています。ドローン測量に際して、飛行の許可について気になる方もいるでしょう。今回はドローン測量における許可の必

続きを読む

近年ではドローン技術の発展にともない、農業や災害調査などさまざまな場面でドローン活用が進んでいます。ドローンを利用した「測量」もその一つであり、空撮画像を利用して2Dや3Dの地図作成が可能と

続きを読む

ドローンと聞くとトイドローンやホビードローン、測量などに用いる業務用ドローンを思い浮かべる人が多いでしょう。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、世界中で「ドローンレース」なるものが開

続きを読む

トイドローン(ホビードローン)とは、ドローン初心者や子どもでも手軽に飛行を楽しめる小型タイプのドローンを指します。プロが使うドローンとは違って価格も安く、航空法の規制を受けないため比較的自由

続きを読む

ドローンレースに使用されるレース用ドローンは、一般的な測量や空撮に使用されるドローンとはその性能や特徴に違いがあります。レース用ドローンは姿勢制御のためのセンサーがないことから操縦も難しく、

続きを読む

近年、趣味の一つとしても業務用としても注目されているドローンですが、ドローン飛行に関する法律や規制にはさまざまなものがあります。今回はドローン飛行に関してとくに押さえておきたい27種類の規制

続きを読む

ドローン測量のおける最新技術である「RTK」。これまでのドローンと比べて精度が高く便利な技術である、ということは分かっていても、「その原理や具体的な活用方法については理解できていない…」とい

続きを読む

「ドローン操縦ライセンス制度」を知っていますか?現在多くの分野で活用されているドローンですが、ドローン操縦ライセンスはその名の通りドローン操縦に関する運転免許証のようなもので、日付は未定です

続きを読む

ドローン操作に挑戦したい!といろいろと調べていくうちに、「数ある専門用語に混乱してしまった…」という人も多いでしょう。ドローンの専門用語は聞き慣れないカタカナ表記のものが多いため難しく感じま

続きを読む