株式会社快適空間FCの口コミや評判

公開日:2021/12/01   最終更新日:2022/05/10

社名 株式会社快適空間FC
所在地 【福岡本社】
〒812-0855
福岡県福岡市博多区大字下月隈58-5 第一KIビル101号
TEL 092-400-7006 FAX 092-513-0800
代表者 代表取締役社長 鵜飼 尚弘
設立年月日 平成16年12月7日
資本金 5,000万円
事業内容 【マルチコプター事業】
マルチコプターを平成20年から手がけている、DJI、MikroKopters、Droidworx、PhotoHigher、Axi、APC、双葉電子工業、日本遠隔制御、等のメーカーの販売代理で商品の販売を行なっています。
【環境事業】
産業用エルセ活水器の販売・施工
(ビル・マンションの管路保全、クーリングタワー・ボイラーへのスケール防止、畜産・農業への活用等)
家庭用エルセ活水器の販売・施工
(還元性・免疫性・抗酸化性・吸収性を高めたエルセ水)
【セキュリティー事業】
デジタルドアロックの販売・施工
(非接触ICカードキーおよびテンキー併用型「ゲートマンシリーズ・アイタッチスリムTシリーズ」)
マンションセキュリティーシステムの販売・施工
(非接触ICカードリーダー「タッチリーダー1NS」)
入退管理システムの販売・施工
【太陽光発電事業】
飯塚相田太陽光発電所『1、000KW』自社発電所が稼働中
事業者から、工場や店舗の屋根をお借りし、自社の太陽光発電設置事業を展開中。

株式会社快適空間FCは、ドローンによる空撮および測量を代行している会社です。空撮画像だけでなく、最新のシステムを利用した高精度の測量を提供しています。ドローンを利用することで空撮のコストを抑え、個人でも手が届くリーズナブルな価格設定を実現しています。ここでは、株式会社快適空間FCのサービスの特徴を紹介します。

ドローンを利用し、プロが空撮を代行!簡単に測量や調査ができる

快適空間FCでは、ドローンを駆使した空撮を取り扱っています。空撮を活用することで、上空からの測量や調査が可能となります。快適空間FCでは、空撮の一切をプロが代行してくれるため、測量や調査も簡単に行えるのが魅力です。

さまざまな場面で役立つ空撮画像

快適空間FCの空撮画像は、学校行事や人文字などの撮影はもちろんのこと、空撮画像をプロモーション素材として活用することも可能です。また、空撮画像やムービーの活用だけでなく、空撮画像を使った建築現場などの測量も行っています。

プロが撮影する高品質な画像からは精度の高いデータが取得できるため、建築・土木現場などでも活躍が期待できます。

大型ヘリが立ち入れない場所の空撮も!

ドローン以外の航空撮影技術には、セスナやヘリなどを用いた実機での撮影方法があります。実機は機体が大きく、入り組んだ場所などは接近が難しいため撮影が困難です。小さなドローンであれば、セスナやヘリが近づけない場所でも入り込んで撮影できます。

プロが撮影を代行してくれるため、ビルの間のような狭い場所でも難なく撮影してくれるでしょう。また、人が立ち入れないような険しい場所でも入り込めるため、地図用の素材や調査も可能です。

ドローンにレーザー光線を搭載し、より正確な計測が可能!

快適空間FCでは、最新の小型レーザー計測システムをドローンに搭載しています。最新の計測システムによって、樹林などの複雑な地形でも正確に計測できるようになっています。

最新のレーザー計測システムで高精度の測量を実現

快適空間FCが測量に用いているのは、最新の小型レーザー計測システムです。ドローンのレーザー計測は、樹林のような複雑で入り組んだ場所を計測する際に活躍します。

樹林を計測する際、従来の計測システムでは樹木が邪魔で、実際の地形を測量・把握することが難しくなります。場合によっては伐採が必要なことも。しかし、レーザーシステムであればレーザーが木の間をかいくぐって地表まで到達するため、従来の方法よりローコストかつスムーズな測量が期待できます。

3Dデータの作成も可能

また、快適空間FCでは、測量で得られた点群データの3Dポリゴン化も可能です。しかも、飛行中にリアルタイムでポリゴンデータを作成できます。

作成されたデータはその場で確認できるため、データ確認のためにいちいち場所を変える必要がありません。「事務所に戻らなければデータが確認できない」という煩わしさの解消も期待できるうえ、万一データに不備があってもフットワーク軽く対応に乗り出せそうです。

また、ポリゴンデータを柔軟に編集できるのも快適空間FCの強みです。ソフトを使うことで、たとえば樹林の測量を行った場合、木のポリゴンだけをワンクリックで簡単に削除することもできます。

木のポリゴンだけを取り除くことで、地表面のデータだけを残す、木も含めてまるごとデータを残すというように、必要に応じたポリゴンの作成が可能です。

料金は意外とリーズナブル!個人の方でも依頼しやすい

プロによる空撮代行、最新機器による精度の高い測量となると、「料金も高額になるのでは?」と思われがちです。しかし、快適空間FCの空撮は意外とリーズナブル。企業や自治体だけでなく、個人でも安心の料金で利用できます。

個人での空撮も夢じゃない!ドローンによるリーズナブルな空撮

空撮というと、企業や自治体がやるもので、とても個人では手が届かないイメージがあるでしょう。しかし、撮影にドローンを取り入れることにより、空撮は個人レベルでの利用を検討できるほど身近になりました。

主な理由は、運用にかかるコストです。従来空撮に使われていたのは、セスナなどの実機です。実機は飛ばすだけでも多額の費用がかかります。しかし、小さなドローンは実機に比べて飛行のためのコストが格段に低いのです。

明瞭でリーズナブルな料金体系

快適空間FCの料金体系はシンプルで明確です。料金は「基本料金」「出張料金」「画像処理料金」「データ出力」の4つに分かれています。

基本料金は2時間以内で11万円(税込)からとなっています。実機での空撮は50100万程度かかることもあるので、この価格で空撮を利用できるのは非常にお得です。

出張料金は片道50km以上で11,000円(税込)から33,000円(税込)、300km以上は見積もりが必要です。画像処理は対空標識座標の入力を含めて、10022,000円(税込)から、オルソ画像や点群データの出力は各5,500円(税込)となっています。

最も安い組み合わせであれば、2時間15万円足らずで空撮を利用できます。企業などの団体や個人でも満足度の高い価格設定だといえそうです。

 

快適空間FCでは、プロによる空撮・測量をリーズナブルな価格で利用できます。空撮画像からさまざまな地形の測量まで、幅広い用途に対応してもらえるので、企業や自治体での利用はもちろん、「個人でも空撮画像を扱いたい」「個人の山地を測量したい」などの要望にも応えてもらえるでしょう。個人・団体問わず、ドローンでの空撮・測量に興味があれば、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

これまで産業廃棄物の不法投棄や処分場を建設するときの広さを検討するときに苦労していた人に、今回の記事はおすすめです。山間部などの人目につきにくいところで不法投棄が行われていますが、自治体が積

続きを読む

「包括申請」という言葉をご存じでしょうか。近年、映像の撮影だけでなく測量など多方面でドローンが活用されるシーンが増えてきています。需要の増加に伴い、ドローン業者の飛行業務も増えています。ここ

続きを読む

測量にドローンを使用することがありますが、ドローンを使用する際は「電波法」という法令について認識しておく必要があります。ここではドローンを使用する前に知っておきたい、電波法とはどのようなもの

続きを読む

一般向けの製品も増え、普及が進むドローン。ドローンは技術の進歩によって多くのシーンで活用されるようになりました。なかでもドローン測量は、行政の推進もあり注目を増しています。この記事ではそんな

続きを読む

近年活躍の場を広げているドローンですが、測量にも使われていることをご存じでしょうか。「測量にドローンを使うなんて精度はどうなの?」「どんな仕組みで測量しているの?」「特別な機械は必要?」など

続きを読む

近年、活躍の場を広げているドローン測量ですが「標尺などの道具を使わずにどうやって後視点や目標点が分かるのか?」「基準点はどうしているのか?」など、不思議に思っている方も多いでしょう。ここでは

続きを読む

ドローン測量は劇的な業務効率化と人件費削減につながることから、導入が急速に拡大しています。ドローン測量に際して、飛行の許可について気になる方もいるでしょう。今回はドローン測量における許可の必

続きを読む

近年ではドローン技術の発展にともない、農業や災害調査などさまざまな場面でドローン活用が進んでいます。ドローンを利用した「測量」もその一つであり、空撮画像を利用して2Dや3Dの地図作成が可能と

続きを読む

ドローンと聞くとトイドローンやホビードローン、測量などに用いる業務用ドローンを思い浮かべる人が多いでしょう。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、世界中で「ドローンレース」なるものが開

続きを読む

トイドローン(ホビードローン)とは、ドローン初心者や子どもでも手軽に飛行を楽しめる小型タイプのドローンを指します。プロが使うドローンとは違って価格も安く、航空法の規制を受けないため比較的自由

続きを読む