UAVって何の略?ドローンの語源について解説

公開日:2021/12/01   最終更新日:2021/12/23

UAVって何の略?」「ドローンの語源って?」こんな疑問に答えます。近年、建設現場や映像撮影などさまざまな分野で活用されているドローン。一方でUAVという単語もほぼ同じ意味で聞いたことがある人も多いと思います。UAVとドローンの法的な違いなど気になる方もいると思います。今回はその言葉の語源や意味について解説していきます。

UAVは無人航空機のこと

UAVを略さずに英語で表すと「UnmannedAerialVehicle」です。これを日本語に翻訳すると「無人(Unmanned)航空機(AerialVehicle)」という意味になります。

では無人航空機とはなんでしょうか?国土交通省によると、無人航空機とは「人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」と日本の航空法では定義されています。

つまり無人航空機とは下記の3つで定義されます。・無人(構造上、人が乗れない)・飛行できる・遠隔・自動操作できる補足として、上記3つを満たす機体で重量が200グラム未満のものは「模型航空機」と定義されています。

また、UAV(無人航空機)はマルチコプターとも呼ばれます。マルチコプターは3つ以上のプロペラが付いた機体のことをいいます。しかし、マルチコプターという名称はあまり一般的ではなく、ドローンと一括りにされることが多いです.

なぜドローンと呼ばれているのか

世間一般ではUAV=ドローンと認識されています。前項で触れた「無人航空機」と「模型航空機」も両方ともドローンと呼ばれます。飛行禁止空域や機体の申請等のルールを決めるために分けて定義されていますが、通称はドローンです。最近は、水中や地上を移動する無人機をドローンと呼ぶこともあります。

このようにドローンという言葉は、日本でもかなり一般的な言葉として普及してきています。それではどのようにドローンが一般的になっていったのでしょうか?下記2つが要因として考えられています。

2010年フランスから伝わる

2010年フランスのParrot社が発表した「ParrotARDrone」。このドローンは、スマートフォンでかんたんに操作でき世界中で大ヒットしました。「新しい大人のオモチャ」のような位置づけで世にドローンを普及させたといわれています。

2013年中国が続く

次に登場したのが、中国のDJI社の「Phantom1」です。このシリーズは今でも人気を誇るシリーズです。GoProを搭載可能にしたことで映像業界にもドローンを大きく普及しました。また一般的にも「ドローンで撮影した映像は美しい」というイメージも生まれました。

ドローンの語源その

ここからはドローンの語源について解説します。まず1つ目は、蜂の羽音から来ているという説です。この「オスの蜂の羽音」からきているという説が最有力視されています。

ドローンは飛行時にプロペラを高速回転させて浮力を得て飛行します。当然「ブーン」という風を切る音が聞こえてきます。蜂も同様に飛行時に音が鳴りますよね?そのオスの蜂の飛行音の「ブーン」という音とドローンの飛行時の音が似ているという理由で、「drone」と呼ぶようになったという説。

dorone」はオスの蜂を意味する英単語です。ちなみに辞書でdorone(ドローン)を引くと「ミツバチのオス」「小型無人機」という意味が書いてあります。

ドローンの語源その

第2次世界大戦中の物語が語源だという説もあります。それが2つ目です。当時イギリス軍の対空射撃訓練用に使われていた標的飛行機「クイーン・ビー(QueenBee)」から来ているという説です。

時代は1935年までさかのぼります。アメリカの将校がイギリスの軍隊の射撃訓練の様子を視察していました。そこでは、イギリス軍の軍用機「DH.82タイガーモス」を無人機に改造した機体が訓練の標的として使われていました。

実際は機体から幕を垂らして、それを標的にしていたそうです。その機体の愛称が「クイーン・ビー」。その訓練の様子を見たアメリカの将校は、自国でも訓練用無人機が必要だと考え、帰国後すぐに開発に取り掛かります。

完成した機体は「ターゲット・ドローン」と命名されました。ドローン(オスの蜂)と名付けたのはクイーン・ビー(女王蜂)への敬意の表れだといわれています。ドローンの技術自体が、戦時中の軍事関連技術として大きく成長したことは間違いないです。この説も有力な説といえるでしょう。

 

本記事では、ドローンが世間に広がる流れやドローンの語源について解説しました。UAV(無人航空機)は法的定義と世間での広い意味での定義が若干違います。理由は、ドローンという名称が一般に広がったので、通称ドローンとほとんどの機体が呼ばれています。

近年、建設現場や映像撮影で使用されることが増えました。また、一般の方でも趣味でドローンを飛ばす方もいます。しかし、ドローンの飛行は免許こそありませんが、航空法のルールに則って許可や申請など専門知識が必要です。

法律も比較的新しいので改正も多くあるので、注意が必要です。本記事を通じて、ドローンについての知識・雑学が広がれば幸いです。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

近年、活躍の場を広げているドローン測量ですが「標尺などの道具を使わずにどうやって後視点や目標点が分かるのか?」「基準点はどうしているのか?」など、不思議に思っている方も多いでしょう。ここでは

続きを読む

ドローン測量は劇的な業務効率化と人件費削減につながることから、導入が急速に拡大しています。ドローン測量に際して、飛行の許可について気になる方もいるでしょう。今回はドローン測量における許可の必

続きを読む

近年ではドローン技術の発展にともない、農業や災害調査などさまざまな場面でドローン活用が進んでいます。ドローンを利用した「測量」もその一つであり、空撮画像を利用して2Dや3Dの地図作成が可能と

続きを読む

ドローンと聞くとトイドローンやホビードローン、測量などに用いる業務用ドローンを思い浮かべる人が多いでしょう。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、世界中で「ドローンレース」なるものが開

続きを読む

トイドローン(ホビードローン)とは、ドローン初心者や子どもでも手軽に飛行を楽しめる小型タイプのドローンを指します。プロが使うドローンとは違って価格も安く、航空法の規制を受けないため比較的自由

続きを読む

ドローンレースに使用されるレース用ドローンは、一般的な測量や空撮に使用されるドローンとはその性能や特徴に違いがあります。レース用ドローンは姿勢制御のためのセンサーがないことから操縦も難しく、

続きを読む

近年、趣味の一つとしても業務用としても注目されているドローンですが、ドローン飛行に関する法律や規制にはさまざまなものがあります。今回はドローン飛行に関してとくに押さえておきたい27種類の規制

続きを読む

ドローン測量のおける最新技術である「RTK」。これまでのドローンと比べて精度が高く便利な技術である、ということは分かっていても、「その原理や具体的な活用方法については理解できていない…」とい

続きを読む

「ドローン操縦ライセンス制度」を知っていますか?現在多くの分野で活用されているドローンですが、ドローン操縦ライセンスはその名の通りドローン操縦に関する運転免許証のようなもので、日付は未定です

続きを読む

ドローン操作に挑戦したい!といろいろと調べていくうちに、「数ある専門用語に混乱してしまった…」という人も多いでしょう。ドローンの専門用語は聞き慣れないカタカナ表記のものが多いため難しく感じま

続きを読む