ドローンには欠かせないパーツ!フライトコントローラーとは

公開日:2022/02/01   最終更新日:2022/02/21


ドローンはさまざまなパーツから構成されていますが、中でも重要なパーツとして「フライトコントローラー」があります。フライトコントローラーには数種類のセンサーが搭載されており、ドローンの姿勢制御のため外部からの情報を処理しています。今回はフライトコントローラーについて、その役割を詳しく解説します!

フライトコントローラーの役割

フライトコントローラーはドローンに欠かせない重要なパーツですが、どのような役割を持っているのでしょうか。ここではフライトコントローラーの概要と、フライトコントローラーに搭載されている「マイコン」「IMU(Inertial Measurement Unit=慣性計測装置)」について解説します。

■フライトコントローラーとは

フライトコントローラーとは、ドローンの要となる役割を持ったパーツです。フライトコントローラーよってドローンの姿勢制御が行われており、各種情報を処理して機体の飛行を指示し、必要な情報を送受信しています。フライトコントローラーには「マイコン」と「IMU(Inertial Measurement Unit=慣性計測装置)」が搭載されています。

■マイコンとは

マイコンとはマイクロコントローラーの略で、小型のコンピューターを表しています。内容もパソコンと同じように、入出力用のポートやCPU、メモリなどから構成されています。

IMU(Inertial Measurement Unit=慣性計測装置)とは

IMUにはドローンが外部の情報を取得するのに必要なセンサーが入っています。センサーにはさまざまな種類があり、ジャイロセンサー、加速度センサーなどから構成されています。

ドローン内に搭載されているセンサー

先述の通り、フライトコントローラー内のIMUには外部の情報を取得するためのセンサーが複数搭載されています。これらはドローンが機体の姿勢制御を行うためのものです。

ドローンを扱うのが初めての人も日常的に操縦している人も、ドローン内のセンサーについて知っておくことで、故障などのトラブルの際にも知識を活かして対処できます。

以下では、それぞれのセンサーについて、その概要と役割を解説します。

■ジャイロセンサー

ジャイロセンサーは、ドローンの傾きを調べるためのセンサーです。ドローンを平行に保ち、安定した姿勢をキープする役割があります。

■加速度センサー

加速度センサーは、ドローンの加速度を測定します。加速度センサーから得られる加速度に関する情報とジャイロセンサーから得られる傾きについての情報が組み合わさることで、機体の姿勢制御の精度がより高くなります。

■気圧センサー

気圧センサーは、気圧の計測によって高度を測るセンサーです。しかし、高度以外の要因で気圧の変化が起きた場合には機能しないケースもあります。

■超音波センサー

超音波センサーは、超音波によって高度を制御するためのセンサーです。超音波センサーは高度が高い場所では利用できなくなるため、地上付近では超音波センサーにより、高度が高い場所では気圧センサーにより機体の高度制御を行います。

■磁気方位センサー

磁気方位センサーは、磁気によってドローンがどの方角へ飛んでいるのかを知るためのセンサーで、コンパスと同じ原理のものです。

GPS

GPSはカーナビゲーションやスマートフォンにも搭載されているアメリカの衛生システムです。このGPSが搭載されていることにより、ドローンの位置情報を測定できます。

フライトコントローラーの種類

フライトコントローラーはさまざまなメーカーから発売されており、自作用で使用するものやプロが使用する高精度なものなど、その質や価格も幅広いです。

一般的に自作用としてよく購入されているものには「CriusMultiWiiSE」「OpenPilotCC3D」「NAVIO2」などがあります。オープンソース系のフライトコントローラーには、この他にも「Arduino」や「RaspberryPi」上で使用するものもあります。

また、クローズドなDJIのフライトコントローラーを使用する人も多く、主な種類として「A3」「N3」「Naza-M」などが挙げられます。これらを使用することでDJIドローンと同レベルの制御が可能となるため、開発用ドローンなどに搭載するのがおすすめです。

これらはドローンパーツの専門ネットショップ通販やラジコン専門店などで購入できます。知識がある人は問題ないですが、「初めてのドローンでどれがいいのか分からない…」という場合には、ラジコン専門店などで店員さんにアドバイスをもらったりするなど、しっかりと下調べしてから購入するのがおすすめです。

 

今回は、ドローンの要となるパーツであるフライトコントローラーについて解説しました。フライトコントローラーにはさまざまなセンサーが搭載されており、それらが受け取った情報をマイコンによって処理し、機体を適切な状態へと制御してくれるのです。内部パーツについても理解しておくことでトラブルにもスムーズに対処できます。これからドローンに挑戦する人は知識を付けておくと安心です。ぜひこの記事をきっかけにドローンについての知識をつけて頂けたら嬉しいです。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

近年、活躍の場を広げているドローン測量ですが「標尺などの道具を使わずにどうやって後視点や目標点が分かるのか?」「基準点はどうしているのか?」など、不思議に思っている方も多いでしょう。ここでは

続きを読む

ドローン測量は劇的な業務効率化と人件費削減につながることから、導入が急速に拡大しています。ドローン測量に際して、飛行の許可について気になる方もいるでしょう。今回はドローン測量における許可の必

続きを読む

近年ではドローン技術の発展にともない、農業や災害調査などさまざまな場面でドローン活用が進んでいます。ドローンを利用した「測量」もその一つであり、空撮画像を利用して2Dや3Dの地図作成が可能と

続きを読む

ドローンと聞くとトイドローンやホビードローン、測量などに用いる業務用ドローンを思い浮かべる人が多いでしょう。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、世界中で「ドローンレース」なるものが開

続きを読む

トイドローン(ホビードローン)とは、ドローン初心者や子どもでも手軽に飛行を楽しめる小型タイプのドローンを指します。プロが使うドローンとは違って価格も安く、航空法の規制を受けないため比較的自由

続きを読む

ドローンレースに使用されるレース用ドローンは、一般的な測量や空撮に使用されるドローンとはその性能や特徴に違いがあります。レース用ドローンは姿勢制御のためのセンサーがないことから操縦も難しく、

続きを読む

近年、趣味の一つとしても業務用としても注目されているドローンですが、ドローン飛行に関する法律や規制にはさまざまなものがあります。今回はドローン飛行に関してとくに押さえておきたい27種類の規制

続きを読む

ドローン測量のおける最新技術である「RTK」。これまでのドローンと比べて精度が高く便利な技術である、ということは分かっていても、「その原理や具体的な活用方法については理解できていない…」とい

続きを読む

「ドローン操縦ライセンス制度」を知っていますか?現在多くの分野で活用されているドローンですが、ドローン操縦ライセンスはその名の通りドローン操縦に関する運転免許証のようなもので、日付は未定です

続きを読む

ドローン操作に挑戦したい!といろいろと調べていくうちに、「数ある専門用語に混乱してしまった…」という人も多いでしょう。ドローンの専門用語は聞き慣れないカタカナ表記のものが多いため難しく感じま

続きを読む