ドローンはジャンルがある!それぞれの違いを比較してみよう

公開日:2022/01/01   最終更新日:2022/02/01

最新技術の象徴とも考えられている、ドローン。空から撮影された映像を始めとして、私たちの日常に浸透しつつあるのではないでしょうか。実は、ドローンは3つのジャンルに分類でき、それぞれ異なる性能を持っています。今回、さらなる進化が期待されているドローンのジャンルと、その違いについて比較しました。

トイドローン・ホビードローン

トイドローンとホビードローンは、簡単にいえば娯楽用のドローンです。ラジコン感覚で気軽に遊べるとして人気を集めています。とはいえ、いくら娯楽用ドローンといっても無人航空機。注意すべき点も併せ持ちます。トイドローン・ホビードローンを安全に楽しむためにも、特徴を知っておくとよいでしょう。

トイドローン・ホビードローンの定義

ドローンは無人航空機であるため、航空法が適用されます。しかし、その規制の対象外とされているものがトイドローン・ホビードローンです。総重量が200グラム未満のドローンは、模型航空機(トイドローン)であると定められています。

つまり、200グラム未満のドローンを選ぶ必要があるといえるでしょう。また、トイドローンのなかでも、よりも高価で高性能のドローンをホビードローンと呼ぶ人もいるようです。

トイドローン・ホビードローンの特徴

手のひらサイズで比較的安価であることから、気軽にドローンを楽しむことができます。なかにはカメラ機能があるものも。バッテリーがあまり長くもたないことや、風に弱い点がネックであるものの、種類は豊富です。

トイドローン・ホビードローンの注意点

航空法の規制の対象外とはいえ、ドローンに関する法律がいくつかあります。電波法・小型無人機等飛行禁止法・文化財保護法などで、ドローンの規制があるエリアも。ドローンを飛ばすときは、それらの法律を確認したうえで安全な場所を選ぶようにしましょう。

商業用・産業用ドローン

近年のニュースで取り上げられることが多くなった、産業用・商業用ドローン。さまざまな用途で利用されるため、性能やサイズ、価格が豊富です。世界が開発に力を入れている、商業用・産業用ドローンについて紹介します。

商業用・産業用ドローンの定義

文字通り、商業や産業に用いられるドローンを指します。一般向けのドローンとの明確な違いはありませんが、それぞれの役割に特化した性能を持っていることが多いです。

そして、商業用・産業用ドローンは、人手不足を解消するだけでなく、人々の生活をより充実したものに変えてくれる存在といえるでしょう。ほとんどの場合、総重量200グラムを超える機体となるため、航空法の規制対象です。

商業用・産業用ドローンの機能

搭載されている機能の種類は、非常に豊富です。GPS機能、カメラによる撮影・録画機能、さらには水中でも使用できるように、防水機能が搭載されたドローンまで登場しています。

当然ながら、高性能であればあるほど高額であるといえるでしょう。とはいえ、今後はAIを始めとした最新技術との連携が期待されており、私たちの生活に必要不可欠な存在になることが考えられます。

商業用・産業用ドローンの課題

多分野での活躍が期待されているドローンですが、課題も多いといわれています。落下による事故のリスクや、バッテリーの持ち時間を始めとした、ドローン自体の問題。さらには、プライバシー侵害のリスクといった、使用する側の問題もあります。いかに解決していくか、注目すべきポイントといえますね。

レース用ドローン

年々、盛り上がりをみせているのがレース用ドローンです。ドローンの普及とともに、世界中でレースが開催されるようになりました。一般向けのドローンとの違いや、そもそもドローンレースとはどういったものなのか。最先端技術のレースである、ドローンレースについてもあわせて紹介します。

レース用ドローンの定義

レース用ドローンについて、明確な定義はされていません。とはいえ、自由自在な飛行操作を可能にするために、一般向けのドローンに搭載されている機能を持っていないことが多いです。安定したホバリングを行うだけでも、高い技術が必要であるともいわれています。

ドローンレースとは

海外では、賞金総額が1億円を超える、高額賞金のレースが開催されたこともあります。年齢制限のないレースでは15歳の少年が優勝した実績も。年齢や性別を問わずに盛り上がることができるレースであるといえるでしょう。

日本で開催されているドローンレース

日本国内でも、複数のドローンレースが開催されています。なかでも世界から注目されたレースは、世界初となる障害物ドローンレース。さまざまな障害物を避け、ゴールを目指すタイムアタックレースです。さらなるドローンの進化が期待されるいま、ドローンレースも盛り上がっていくことでしょう。

 

現代社会において、ドローンは必要不可欠な存在になりつつあります。とはいえドローンと一口でいっても、ジャンルやその用途により、見た目だけでなく性能も大きく異なるといえるでしょう。

また、ドローンは最先端の技術を身近に感じられる存在でもあります。トイドローンによって安価で手軽に体感できるのも、ドローンの魅力のひとつなのではないでしょうか。これからの私たちとドローンの未来が楽しみですね。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

これまで産業廃棄物の不法投棄や処分場を建設するときの広さを検討するときに苦労していた人に、今回の記事はおすすめです。山間部などの人目につきにくいところで不法投棄が行われていますが、自治体が積

続きを読む

「包括申請」という言葉をご存じでしょうか。近年、映像の撮影だけでなく測量など多方面でドローンが活用されるシーンが増えてきています。需要の増加に伴い、ドローン業者の飛行業務も増えています。ここ

続きを読む

測量にドローンを使用することがありますが、ドローンを使用する際は「電波法」という法令について認識しておく必要があります。ここではドローンを使用する前に知っておきたい、電波法とはどのようなもの

続きを読む

一般向けの製品も増え、普及が進むドローン。ドローンは技術の進歩によって多くのシーンで活用されるようになりました。なかでもドローン測量は、行政の推進もあり注目を増しています。この記事ではそんな

続きを読む

近年活躍の場を広げているドローンですが、測量にも使われていることをご存じでしょうか。「測量にドローンを使うなんて精度はどうなの?」「どんな仕組みで測量しているの?」「特別な機械は必要?」など

続きを読む

近年、活躍の場を広げているドローン測量ですが「標尺などの道具を使わずにどうやって後視点や目標点が分かるのか?」「基準点はどうしているのか?」など、不思議に思っている方も多いでしょう。ここでは

続きを読む

ドローン測量は劇的な業務効率化と人件費削減につながることから、導入が急速に拡大しています。ドローン測量に際して、飛行の許可について気になる方もいるでしょう。今回はドローン測量における許可の必

続きを読む

近年ではドローン技術の発展にともない、農業や災害調査などさまざまな場面でドローン活用が進んでいます。ドローンを利用した「測量」もその一つであり、空撮画像を利用して2Dや3Dの地図作成が可能と

続きを読む

ドローンと聞くとトイドローンやホビードローン、測量などに用いる業務用ドローンを思い浮かべる人が多いでしょう。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、世界中で「ドローンレース」なるものが開

続きを読む

トイドローン(ホビードローン)とは、ドローン初心者や子どもでも手軽に飛行を楽しめる小型タイプのドローンを指します。プロが使うドローンとは違って価格も安く、航空法の規制を受けないため比較的自由

続きを読む