ドローン測量と航空レーザー測量の違いとは

公開日:2021/12/15   最終更新日:2021/12/23

レーザー測量と聞くと、航空機にレーザーを搭載して測量することを思い浮かべる人が多いと思います。しかしドローンの進化によって、現在は工事現場などで測量をする際にドローンが使用されるケースが増えています。そこで今回は、航空レーザー測量とドローンを使用した測量について解説します。ぜひ参考にしてください。

航空レーザー測量は従来の主流だった

工事現場などで測量をする場合、基本的には人が機械を持ち、移動しながら測量を実施します。しかし、人が入るには危険な場所や広大な土地を測量する場合は、測量が難しいケースも多いです。

仮に人が測量できたとしても、多くの時間がかかり過ぎるというデメリットがあります。そのため人が実施するのが難しい測量は、レーザーによって行われるのが一般的です。

レーザーを使って測量をする際、数年前までは航空レーザーを用いての測量が主流でした。しかし現在ではドローンの技術が高まっているため、レーザー測量をする際にドローンを活用することが多くなっています。

ドローン測量が選択肢の一つとなった現在では、航空レーザー測量を行う機会が減ってきており、主流とはいえなくなってしまいました

航空レーザー測量のメリット・デメリット

航空レーザーは昔にくらべて使用される機会が減りつつあります。しかし、航空レーザーには、メリットもあります。そこでここでは、航空レーザー測量のメリットとともにデメリットについても解説します。

航空レーザー測量のメリット

航空レーザー測量のメリットは、レーザーが森林や建物などの障害物をすり抜けることができる点です。そのため、目では見えない地表面までのデータを取得することが可能です。また、レーザーの反射の強弱によって、どのようなものに反射したのかを推定できます。

さらに航空レーザー測量では、0.5m~1.0mの高密度なデータを取得できます。加えて、人が入ることのできない狭い場所や危険な場所、広大な場所でもデータを取得することが可能な点も、航空レーザー測量のメリットです。

航空レーザー測量のデメリット

航空レーザー測量にはメリットもありますが、デメリットもあります。ここでは航空レーザー測量のデメリットをお伝えします。

航空レーザー測量のデメリットは、天候の影響を受けやすく雨などでデータにずれが生じることがある点です。また、航空レーザー測量の場合、レーザー計測点はランダムであり、ピンポイントで狙った箇所にレーザーを照射できない点もデメリットのひとつといえるでしょう。

さらに、照葉常緑樹などの密林ではレーザーが地表まで届かないことがあります。そのため欲しいデータが取得できない場合もあります。また、測量にかかる費用が高い点も、航空レーザー測量のデメリットです。

このように、航空レーザー測量はメリットも大きいですが、ある程度のデメリットも存在しています。このメリットをさらに大きくし、デメリットを減らしたものがドローン測量なのです。

ドローン測量の方が優秀?

航空レーザー測量とドローン測量を比較すると、基本的にはドローン測量の方が優秀だといえるでしょう。

なぜなら、航空レーザー測量とドローン測量の費用を比較した場合、費用はドローン測量のほうが安いからです。航空レーザー測量では100万円ほどかかる作業でも、ドローン測量ならば十数万円でできる場合があります。航空機は、ガソリン代やパイロットなどの費用がかさみます。

また、時間効率の面で見てもドローンは航空機に比べて手軽に飛ばすことが可能です。ドローンを使用して約1時間程度で測量できる範囲も、航空機で測量すると3時間程度の時間がかかります。

ドローンは小回りが利き狭いとことに入り込むこともできるので、航空機には測量できないところも測量できます。またドローンは人が乗らなくていいので、万が一事故が起きた場合の人的被害を防ぐこと可能です。安全面でも優秀な点は、ドローン測量のメリットといえるでしょう。

そして測量において最も重要であるといえる精度に関しても、ドローン測量の方がより精度が高いです。航空機は基本的に高度1,000m2,000mを飛行し測量しますが、ドローンは高度100mほどで測量できます。そのため、地表に近いためデータのずれが小さくなります。

ドローン測量は航空機にはないメリットが多く存在しますが、すべての面において航空機を上回るというわけではありません。たとえばドローン測量の場合、強風や雨などで飛ばすことができなくなります。

他にも速度や連続航行時間については、ドローンより航空機の方が優秀です。またドローンはバッテリーで動いているため、数十分ほどでバッテリーを交換しなければなりません。

速度も航空機に比べて遅いため、広大な土地で測量する場合には、測量しなければならない場所に到達するまでに時間がかかってしまいます。その結果、バッテリーを多く消耗してしまい、バッテリーの交換頻度が多くなります。

測量は移動しながら実施するケースもあるため、航空機で測量をする方が作業時間を短くできる場合があります。このようにドローン測量にはメリット・デメリットがあるため、実施する測量内容に適した手段を利用するとよいでしょう。

 

バッテリーや悪天候への対応など、ドローン測量にはデメリットもあります。しかし近年は、連続使用時間が伸びているドローンも開発されているため、これからも技術の進歩で長時間でも使えるようになるでしょう。

現在は技術者などの人手不足がどの業界でも深刻で、問題になっています。そのためドローンによって測量を実施すれば、人手不足の悩みが解消されるでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

近年、活躍の場を広げているドローン測量ですが「標尺などの道具を使わずにどうやって後視点や目標点が分かるのか?」「基準点はどうしているのか?」など、不思議に思っている方も多いでしょう。ここでは

続きを読む

ドローン測量は劇的な業務効率化と人件費削減につながることから、導入が急速に拡大しています。ドローン測量に際して、飛行の許可について気になる方もいるでしょう。今回はドローン測量における許可の必

続きを読む

近年ではドローン技術の発展にともない、農業や災害調査などさまざまな場面でドローン活用が進んでいます。ドローンを利用した「測量」もその一つであり、空撮画像を利用して2Dや3Dの地図作成が可能と

続きを読む

ドローンと聞くとトイドローンやホビードローン、測量などに用いる業務用ドローンを思い浮かべる人が多いでしょう。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、世界中で「ドローンレース」なるものが開

続きを読む

トイドローン(ホビードローン)とは、ドローン初心者や子どもでも手軽に飛行を楽しめる小型タイプのドローンを指します。プロが使うドローンとは違って価格も安く、航空法の規制を受けないため比較的自由

続きを読む

ドローンレースに使用されるレース用ドローンは、一般的な測量や空撮に使用されるドローンとはその性能や特徴に違いがあります。レース用ドローンは姿勢制御のためのセンサーがないことから操縦も難しく、

続きを読む

近年、趣味の一つとしても業務用としても注目されているドローンですが、ドローン飛行に関する法律や規制にはさまざまなものがあります。今回はドローン飛行に関してとくに押さえておきたい27種類の規制

続きを読む

ドローン測量のおける最新技術である「RTK」。これまでのドローンと比べて精度が高く便利な技術である、ということは分かっていても、「その原理や具体的な活用方法については理解できていない…」とい

続きを読む

「ドローン操縦ライセンス制度」を知っていますか?現在多くの分野で活用されているドローンですが、ドローン操縦ライセンスはその名の通りドローン操縦に関する運転免許証のようなもので、日付は未定です

続きを読む

ドローン操作に挑戦したい!といろいろと調べていくうちに、「数ある専門用語に混乱してしまった…」という人も多いでしょう。ドローンの専門用語は聞き慣れないカタカナ表記のものが多いため難しく感じま

続きを読む