福岡県でおすすめのドローン(UAV)測量業者を紹介します!

「福岡県でドローン測量を依頼したい」そんな方におすすめの福岡県のドローン(UAV)測量業者をご紹介します。

ドローン(UAV)測量を依頼したいけれど、

・セスナ撮影やヘリ空撮と何が違うのだろうか
・ドローン測量をするメリットはあるのだろうか
・そもそもドローン測量がどのようなものかわからない

など、さまざまな疑問や不安を感じてしまいますよね。これまでセスナ空撮やヘリ空撮などを利用していたため「ドローン(UAV)測量に切り替える」ことにためらう方もいるかもしれません。

そんな方の不安を解消するために当サイトでは、ドローン空撮の方法やメリット、ドローン(UAV)測量業者の選び方などもご紹介しています。また福岡県でおすすめのドローン(UAV)測量業者も厳選してご紹介しているので、ぜひ参考になさってください。

空間情報部門を設置し3次元測量にも妥協なしの総合建設コンサルタント会社
株式会社マホコンサルタントの画像

引用元:https://www.maho-con.co.jp/

株式会社マホコンサルタントは、3次元計測や3次元設計データの作成などをおこなうサービスを展開している会社です。ドローン測量に関しては写真測量と近赤外レーザースキャナ測量に対応し、必要に応じたプランの提案もおこなってくれます。

2010年から培ってきた3次元データ処理・解析技術、そして経験豊かな操縦士が在籍していることからこれまでに40件以上の国土交通省工事の実績もあり信頼度の高さも伺えます。

株式会社マホコンサルタントの画像

引用元:https://www.maho-con.co.jp/

株式会社マホコンサルタントは、3次元計測や3次元設計データの作成などをおこなうサービスを展開している会社です。ドローン測量に関しては写真測量と近赤外レーザースキャナ測量に対応し、必要に応じたプランの提案もおこなってくれます。

2010年から培ってきた3次元データ処理・解析技術、そして経験豊かな操縦士が在籍していることからこれまでに40件以上の国土交通省工事の実績もあり信頼度の高さも伺えます。


高い技術力
経験豊富な操縦士が在籍

納得の提案力
必要に応じたプランを提案

幅広く対応
写真、レーザー両方に対応

確かな実績
国土交通省工事の実績多数

株式会社マホコンサルタントの基本情報

測量方法

写真測量、近赤外レーザスキャナ計測

実績

2010年より培ってきた3次元データ処理・解析技術、過去40件以上の国土交通省工事の実績

会社情報

株式会社マホコンサルタント
住所:福岡県筑紫野市二日市中央1-1-50
TEL:092-922-6636

マホコンサルタントの公式サイトを見てみる
ドローン操縦や法令も安心の対応。信頼のおける建設コンサルタント
株式会社エスケイエンジニアリングの画像

引用元:https://www.skeng.co.jp/

株式会社エスケイエンジニアリングは、1979年6月の創業より、調査・測量、設計、発注者支援、構造物点検等を手がける総合建設コンサルタントです。各分野において習熟した知識と技術を持つ社員が多数在籍し、技術力の向上に努めているそうです。

ドローン測量においては業界でシェアNo.1を誇る中国DJI社製のマルチコプターを利用しています。誤差5㎝以内の精度で測量や、それ以上の高精度測量にも対応可能。

株式会社エスケイエンジニアリングの画像

引用元:https://www.skeng.co.jp/

株式会社エスケイエンジニアリングは、1979年6月の創業より、調査・測量、設計、発注者支援、構造物点検等を手がける総合建設コンサルタントです。各分野において習熟した知識と技術を持つ社員が多数在籍し、技術力の向上に努めているそうです。

ドローン測量においては業界でシェアNo.1を誇る中国DJI社製のマルチコプターを利用しています。誤差5㎝以内の精度で測量や、それ以上の高精度測量にも対応可能。


様々な分野に精通
測量や設計など多数の業務

適切なプラン
低価格帯のプランも提案

高い精度を実現
誤差5cmの測量が可能

映像撮影も可能
写真や4Kビデオ撮影も

株式会社エスケイエンジニアリングの基本情報

測量方法

写真測量

実績

国土交通省など多数の実績あり

会社情報

株式会社エスケイエンジニアリング
住所:福岡県筑紫野市二日市中央1-1-50
TEL:092-925-4880

エスケイエンジニアリングの公式サイトを見てみる
ドローン飛行は専任スタッフが一貫して対応する測量に特化した会社
大浦工測株式会社の画像

引用元:https://www.oura.co.jp/

大浦工測株式会社は、工事測量や一般測量、応用測量、監督派遣、3D計測などを行っている会社です。メーカー認定の専任スタッフが、「飛行計画」「撮影飛行」「成果編集作業」 まで一貫して対応してくれるのが特徴です。

これまでに福岡県だけではなく北海道や茨城県、愛知県、長崎県ほか多数のソーラーシステム設置用地計測、また処分場の測量などをおこなってきた実績があります

大浦工測株式会社の画像

引用元:https://www.oura.co.jp/

大浦工測株式会社は、工事測量や一般測量、応用測量、監督派遣、3D計測などを行っている会社です。メーカー認定の専任スタッフが、「飛行計画」「撮影飛行」「成果編集作業」 まで一貫して対応してくれるのが特徴です。

これまでに福岡県だけではなく北海道や茨城県、愛知県、長崎県ほか多数のソーラーシステム設置用地計測、また処分場の測量などをおこなってきた実績があります


ワンストップ対応
飛行計画から成果編集まで

認定スタッフ在籍
メーカー認定スタッフ対応

短時間で測量可能
短時間で広範囲を精度よく

さまざまな測量
測量や計測の幅広い業務

大浦工測株式会社の基本情報

測量方法

レーザー測量

実績

処分場、ソーラーシステム設置計画用地地形計測などの実績

会社情報

大浦工測株式会社
住所:福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-19 サンライフ第3ビル706
TEL:092-477-5037

大浦工測の公式サイトを見てみる
自社製ドローンで安心安全・高性能な測量が魅力的
東亜建設技術株式会社の画像

引用元:https://www.toa-ct.co.jp/

東亜建設技術株式会社の測量部門は、創業60余念の伝統技術と最新技術を融合した計測調査のスペシャリストです。歴史を引き継ぎながら現代の環境に見合う技術や手法へと進化させているそうです。

ドローンレーザ1号機では、飛行計画から3次元データ取得・解析・処理までTOAが培ってきた熟練した技術と経験を余すことなく結集させて対応。さらに、計測した3次元データの利活用までも一括して提案をおこなっています。

東亜建設技術株式会社の画像

引用元:https://www.toa-ct.co.jp/

東亜建設技術株式会社の測量部門は、創業60余念の伝統技術と最新技術を融合した計測調査のスペシャリストです。歴史を引き継ぎながら現代の環境に見合う技術や手法へと進化させているそうです。

ドローンレーザ1号機では、飛行計画から3次元データ取得・解析・処理までTOAが培ってきた熟練した技術と経験を余すことなく結集させて対応。さらに、計測した3次元データの利活用までも一括して提案をおこなっています。


創業60余年
伝統技術と最新技術の融合

ワンストップ対応
飛行計画から処理まで対応

高精度の測量
レーザー測量でより正確

幅広いサービス
測量や調査の業務を展開

東亜建設技術株式会社の基本情報

測量方法

写真測量

実績

国土交通省、西日本高速道路などの測量実績あり

会社情報

東亜建設技術株式会社
住所:福岡県福岡市西区西の丘1-7-1
TEL:092-892-7710

東亜建設技術の公式サイトを見てみる
官公庁からも信頼と実績のある建設生産業の会社
ジーアンドエスエンジニアリング株式会社の画像

引用元:http://gands.co.jp/

ジーアンドエスエンジニアリング株式会社は、CIMへの対応を図る為、必要機器の導入及び人材育成に力を注いでる会社です。ドローン測量で取得された点群データは、計測対象物の形状把握はもちろん、3次元モデルの作成や土量計算、縦横断計算等への加工が可能です。

測量部門においておは、これまでに管理河川高水調査、深浅測量、河川測量など福岡県内にとどまらずさまざまな場所で対応してきた実績があります。

ジーアンドエスエンジニアリング株式会社の画像

引用元:http://gands.co.jp/

ジーアンドエスエンジニアリング株式会社は、CIMへの対応を図る為、必要機器の導入及び人材育成に力を注いでる会社です。ドローン測量で取得された点群データは、計測対象物の形状把握はもちろん、3次元モデルの作成や土量計算、縦横断計算等への加工が可能です。

測量部門においておは、これまでに管理河川高水調査、深浅測量、河川測量など福岡県内にとどまらずさまざまな場所で対応してきた実績があります。


技術力に自信
創業から磨いた技術力

多くの実績あり
福岡県内外で多数の実績

幅広い県で対応
福岡県以外も全国的に対応

撮影も可能
測量の他写真や動画撮影も

ジーアンドエスエンジニアリング株式会社の基本情報

測量方法

写真測量

実績

全国での測量実績あり

会社情報

ジーアンドエスエンジニアリング株式会社
住所:福岡県福岡市博多区東比恵3-24-9
TEL:092-481-3100

ジーアンドエスエンジニアリングの公式サイトを見てみる

【その他】福岡のドローン測量業者一覧

株式会社快適空間FC

株式会社快適空間FCは、ドローンによる空撮および測量を代行している会社です。空撮画像だけでなく、最新のシステムを利用した高精度の測量を提供しています。ドローンを利用することで空撮のコストを抑え、個人でも手が届くリーズナブルな価格設定を実現しています。

基本情報
所在地 【福岡本社】
〒812-0855
福岡県福岡市博多区大字下月隈58-5 第一KIビル101号
設立年月日 平成16年12月7日
資本金 5,000万円
連絡先 TEL 092-400-7006
FAX 092-513-0800
株式会社iZMA

株式会社iZMAは、ドローンによる空撮やレーザー測量を提供しています。複数の機材を使い分け、撮影・データ取得の制度を上げるべく技術の向上を図ることで、利用者の幅広いニーズに応えるサービスを目指しています。また、撮影のみならず、農薬散布やオリジナルドローンの開発も手掛け、技術開発力にも定評があります。

基本情報
所在地 〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神5丁目9-2-607
設立年月日 平成28年4月1日
資本金 500万円
連絡先 050-1090-7103
福岡空撮株式会社

福岡空撮株式会社は、ドローンによる空撮および測量を得意とする会社です。安全に配慮し、複数の機材を使い分け、幅広いロケーションでの撮影・測量を行っています。また、撮影・測量だけでなく、写真や動画などのコンテンツ制作も手掛けており、その高品質な制作物はテレビなどのメディアやPR、スクールフォトとしても重宝されています。

基本情報
所在地 不明
設立年月日 不明
資本金 500万円
連絡先 080-1546-0002

ドローン(UAV)測量とは?

の画像

ドローン測量はこれまでのヘリ空撮やセスナ空撮とは異なり、無人での撮影が基本の手法です。機体が小さく小回りがきくため、ほかの方法では通れない狭い場所の撮影や低空での撮影、また被写体に近づいての撮影などができるのが特徴です。

ドローン測量で得られるものはおもに2つあります。ひとつは空中から取得したXYZ軸の情報である「3次元点群データ」。そして撮影した写真の複数枚を組み合わせて傾きや歪みを整え、正確な位置や大きさに表示させた「オルソ画像」です。これによって現地の様子を正確に把握できるのです。

セスナ空撮との違い

の画像

これまで広く利用されていたセスナ空撮は小型のプロペラ機を用いた方法です。ドローンやヘリに比べて高度を上げて飛行できることが特徴で、300m以上の上空からでないと収まらない巨大なものなどの撮影に向いているというメリットがあります。

また航続距離が長く長時間や長距離での飛行もできるというのも特徴で、ヘリ空撮に比べると安価になります。ただし、ヘリとは異なり一点に留まって撮影することができないためアングルの自由度が低くなってしまうというデメリットがあります。

ヘリ空撮との違い

の画像

ヘリ撮影はドローンよりも高所からの撮影ができ、また滞空時間が長いというメリットがあります。ドローンの場合バッテリーの限界が30分程度であるのに対し、ヘリ撮影なら2~4時間という長い時間の撮影が可能です。

またヘリはセスナと違いホバリングすることができるため、一点に留まった撮影も得意としています。被写体によっては上空に留まっての撮影が適している場合もあるので、そういった部分でセスナと使い分けられることもあるでしょう。ただしドローンやセスナに比べて高額なコストがかかるというデメリットもあります。

クレーン空撮との違い

の画像

クレーン撮影がほかの撮影方法と大きく異なるのは、空を飛ばずに撮影をするという点です。地上から伸ばしたクレーンの上から撮影をおこなうので、一番安定した状態での撮影が可能というメリットがあります。被写体が決まっていて、何度も取り直しの必要がある場合に最適です。

ただしクレーンは重機であり普通車よりもかなり大きな車体である上、上空にもある程度のスペースが必要になります。そのため周囲に障害物がない場所でないと、撮影することが難しくなってしまうというデメリットがあります。

ドローン(UAV)測量のメリット

これからドローン(UAV)測量への切り替えや導入を考えている方の中には、ドローンを導入することで何が変わるのだろうかと感じている方もいるかもしれません。そこで、ドローン(UAV)測量をすることで得られるメリットについてご紹介していきます。


安価に測量が可能
まず1つ目のメリットは安価に測量ができるという点です。セスナ測量で100万円程度かかる場合でもドローンなら数十万円で実施できるなど、その差は歴然です。また同じ料金だとしても得られるデータ数が多いため、総合的に見てほかの測量方法よりも安いと判断することができるでしょう。

測量可能範囲が広い
2つ目のメリットは測量可能範囲が広いということです。セスナやヘリでは入り込めないような狭い場所や低い場所の撮影、また被写体に近づいての撮影などもできます。たとえば土砂崩れの現場など人が近づけない危険な場所なども無人で計測をすることもでき、無人だからこその安全な測量を可能にしてくれます。

空撮がスピーディー
3つ目のメリットは、スピーディーな撮影が可能になるということです。例として2ヘクタールの土地を地上からトータルステーションで測量した場合とドローンで空中から撮影した場合に、最短で1/6程度まで時間を短縮することができるそうです。別途PCでのデータ解析は必要ですが、それでも大幅にスピードアップします。

福岡県ドローン測量業者選びのポイント

それでは実際に福岡県でドローン測量業者を見つける場合、どのようなポイントに注意して選べばいいのでしょうか。業者選びに失敗しないためにも、以下のような点を踏まえて探してみてください。

空撮する操縦士の画像
空撮する操縦士

ドローンは現在さまざまな場面で活用されていますが、その操作はとても難しいもので高い技術が必要となります。そのためドローンの測量で空撮をする操縦士の腕や経験は業者選びで欠かせないポイントとなるでしょう。

また基本的にはドローン測量をおこなっている方は、ドローン測量士と呼ばれ、ドローンも扱える測量士という扱いになっているようです。そのためドローンの操縦だけではなく測量に関する知識や経験、実績があることが重要なのです。

もちろん技術面で優れている操縦士であることは大前提なので、公式サイトなどをチェックして実績などを確かめてみましょう。できればドローン操縦に関する資格を持っている操縦士がいると安心です。

計測プランの提案内容の画像
計測プランの提案内容

ドローン測量には「写真測量」と「レーザー測量」「グリーンレーザー測量」という3つの測量方法があるようです。最もコストが安くて簡単なのが写真測量ですが、樹木などの対象物があると正しく測量できないこともあり、レーザー測量が向いています。

このように測量方法によってコストはもちろん、できる範囲や内容が変わってくるので、求めている測量のレベルに対しどのようなプランや方法を提案するかは測量会社の提案力にかかっています。

やたらと高いプランばかりを進められたけれど、本来はもっとコストの低いプランで十分だったとならないようにプランの提案をされたらきちんと内容を確認しておきましょう。

データ処理の技術力の画像
データ処理の技術力

ドローン測量では撮影で取得したデータを処理する技術も重要となってきます。とくに3次元データ処理の技術が必要なため、そういった面での技術力や実績の高い業者を選ぶと失敗しにくいと言えるでしょう。

納品されるデータの質については、実際に依頼をしてみないとわからない部分でもあり選定が難しいものです。そのため、これまでにその業者を利用した方の口コミや評判などを参考にするのもおすすめです。

また可能であればこれまでどのようなデータを作成してきたかなど、資料などをもらえると確実です。見積もり時などに相談して、後悔のない業者選びをしましょう。

ドローン測量の流れ

01. 業者選定

まずはドローン測量を依頼する業者を選定します。前項でご紹介したようなポイントを踏まえて、求めている測量の技術力や提案力などを持っている業者を選びましょう。必ず数社に見積もりを依頼し、比較して検討することが大切です。 業者が決まったら正式に依頼をして、より詳細な打ち合わせなどを進めていきます。この際に不安なことがある場合や、料金に関してなど、後で不安にならないよう詳しく確認しておきましょう。

02. 飛行ルート作成

事前の踏査で問題がなく、またドローンの飛行許可が降りたら飛行ルートの作成をおこなうそうです。目的となる対象物を、どのような設定で撮影するのかを細かく決めていきます。 この飛行ルートによって目標のデータ精度や地上画素寸法が決まるため、見積もり時などに具体的に求める精度などを伝えておくことが大切です。

03. GCP(対空標識)設置

飛行ルートが確定したら、続いてGCP(対空標識)設置をおこないます。これは3次元位置を測定するためのポイントのことで、上空から正確な座標値を測量するために必要となるものだそうです。 またドローンで上空から見た際に評定点や検証点の位置を、写真上で確認するための目印にもなるものです。測量範囲が変わるごとに、設置と撤収を繰り返さなければいけないものでもあります。

04. ドローンでの撮影

すべての準備が完了したら、いよいよドローンでの撮影に入ります。計画したルートに沿ってドローンを飛ばし、写真を撮影していきます。ドローンでの撮影では基本的に前後左右の写真がラップする(重なる)ように撮る必要があるそうです。 このラップ率の基準は、縦方向80%以上、横方向60%以上と定められています。ドローン空撮は飛行アプリを使用しておこなわれるそうで、ラップ率は自動計算され飛行させることになります。

05. 撮影写真の解析

撮影が完了したら正確にデータを取得できているかを確認し、問題がある場合は再度航行させて正確なデータの取得を行います。問題がなければドローンで取得した地表データを元に、専用ソフトでの解析をおこなっていきます。 解析の準備としてカメラ標定をおこない、レンズの歪み補正値を測定するそうです。またGCPとの基準点座標の対応付けもおこなわれます。

06. 点群データの作成

初期処理が完了したら点群データとオルソ画像の作成をおこなっていきます。オルソ画像は写真のズレを修正した画像のことで、レンズによって生まれる歪みを修正して正しい位置にする処理がおこなわれるそうです。 その後撮影時の座標値と3Dデータの検証を実施した後、精度の確認がおこなわれます。精度に問題がなければ図面化し、測量数値の成果表やドローンの飛行実績などをまとめたデータの作成がされ納品となります。

会社ごとの特徴を把握して、信頼できる測量業者を選ぶのがおすすめ!

ドローン(UAV)測量は測量の新しい技術としてどんどん広がりつつあります。しかし、まだまだ技術や知識が追いついていない業者も多いのが現実です。より質のよいデータや安心して依頼するためには、会社ごとに得意としていることを把握し最適な業者を選ぶことが大切です。福岡県内にもドローン測量を得意としている業者はたくさんあるので、ぜひ気になる業者があれば見積もりの取得や相談をしてみてはいかがでしょうか。